TOP > 開発製品紹介 ケミルミネッセンスアナライザー アプリケーションデータ

ケミルミネッセンスアナライザー

弊社CLAシステムをお使いのお客様よりご提供頂きました測定データをPDFファイルにて公開しております。
ご希望の項目を選択してご参考にしてください。また、これ以外にもCLAシステムによる各種測定データがございます。ご希望の方は直接弊社までお問合せ下さい。

2018年1月 ケミルミネッセンスアナライザーを活用した測定方法のJIS化が決定しました。

 ケミルミネッセンスアナライザー のカタログダウンロードはこちらから
 CLアプリケーションノート のダウンロードはこちらから
 ケミルミネッセンスの論文一覧 のダウンロードはこちらから
 ケミルミネッセンス研究会の論文一覧 のダウンロードはこちらから

生化学分野への応用 生体機能評価、疾病研究、老化研究、薬剤評価、貪食作用、抗酸化研究、障害

これは好気性生物が酸素を効率よく利用して進化したことによる副産物です。
好気性生物は、この酸素毒性から身を守るために生体内のあらゆる組織や細胞内で酸化還元調整をしています。 その結果、生体内では酸素由来の発光現象が観測されます。生体障害が惹起されると生体内の様々な部位で活性酸素が生成し、 酸化障害を引起します。
その結果、体内に過酸化物が蓄積されます。過酸化物は分解過程で発光します。 一方、抗酸化物質が反応する過程でも発光が観測されます。生体内に生じた過酸化物を計測することによって生体内の 酸化還元平衡を計測することができ、生体評価、ひいては各種疾病研究に応用できます。また、薬剤の効果判定 (各種障害、抗酸化研究など)や血球貪食作用測定、ATP測定による菌の測定系にも応用が可能です。
※ ファイル名をクリックするとPDFファイルが開きます

ファイル名 <生化学 表題>
clbj2014_001 薬の劣化 ※お問合せください
clbj2014_002 微生物より抽出したATPの測定 ※お問合せください
clbj2014_003 血中リポタンパク質HDL,nonHDL中のリン脂質過酸化物(PCOOH)の測定 ※お問合せください
clbj2014_004 糖尿病と血清リン脂質過酸化物(PCOOH)量の相関 ※お問合せください
clbj2014_005 血漿リン脂質過酸化物(PCOOH)の測定
clbj2014_006 ヒト表皮脂質過酸化物の測定 ※お問合せください
clbj2016_007 細胞培養に用いられるミネラルオイルの発光強度測定
Copyright (c) TOHOKU ELECTRONIC INDUSTRIAL Co.,Ltd. All Rights Reserved.