[プラスチック成形加工学会 第1回技術進歩賞を受賞しました]

 東北電子産業株式会社は、宮城県産業技術総合センターと共に 「高感度微弱発光計測を用いたプラスチックの酸化劣化評価」でプラスチック成形加工学会 第1回技術進歩賞を受賞しました。

この度の受賞は、プラスチック酸化物由来の光を高精度に捉えることで物性の変化にあらわれない極初期段階の酸化劣化を 定量的に評価することを可能にした技術が評価されたものです。

 長年弊社が開発を行っている極微弱な光を高感度に捉える装置をベースにプラスチック過酸化物由来の極微弱な光を安定 に高精度に検出するための技術と装置を開発しました。

 

プラスチック成形加工学会技術進歩賞

 

この技術を用いることにより
* 購入材料の受け入れ検査(劣化していないか)
* 成型加工条件の検索(温度、雰囲気等の最適条件)
* 新素材開発時の酸化安定性評価
* 添加剤の効果判定、酸化安定性評価
* 出荷製品の品質管理
* リサイクル材の評価
等が可能になり、品質・性能向上やコストダウン、開発期間短縮に貢献します。

 

*技術進歩賞は、プラスチック成形加工分野の技術の進歩を促すことを狙いとし、本分野の進歩に貢献するきらりと光る独創性 の高い技術を、将来性に対する期待とともに表彰し、さらなる進歩を奨励するものです。このような趣旨から中小企業が開発 した進歩的な技術を対象としています。(プラスチック成形加工学会HPより)

 

<受賞者>
東北電子産業㈱:山田理恵、熊谷俊彦、佐藤哲
宮城県産業技術総合センター:守和彦、佐藤勲征


Copyright (c) TOHOKU ELECTRONIC INDUSTRIAL Co.,Ltd. All Rights Reserved.